ヒメノパップス・フィリフォリウス・キネレウス [Index] [Back]

Hymenopappus filifolius var. cinereus

Hymenopappus filifolius var. cinereus

アメリカの南西部に分布しています。砂漠の潅木帯やピニョン松の群落に生え、高さは50〜100センチになります。葉は羽状に分裂し、ほとんどが根生で互生します。4月から6月ごろ、黄色または白色の頭花を咲かせます。
キク科ヒメノパップス属の多年草で、学名は Hymenopappus filifolius var. cinereus。英名は Fineleaf hymenopappus。
Fineleaf hymenopappus (Hymenopappus filifolius var. cinereus) belongs to Asteraceae (the Aster famil). It is a perennial herb that is native to southwestern United States. This herb grows in desert shrub and pinyon-juniper communities, and can reach 50-100 cm in height. The leaves are mainly basal, pinnatifid and arranged in alternate. The yellow or white flower-heads bloom from April to June.
アメリカ・テキサス州「ビッグベンド国立公園」にて、
2011年05月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp