ヒペリカム・アンドロサエマム

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

Hypericum androsaemum

ヨーロッパの西部から南部が原産です。河岸や海岸沿いの岩礫地や灌木帯に生え、高さは60〜90センチになります。葉は楕円形で柄はなく対生します。6月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。果実ははじめ赤色ですが、熟すとほとんど黒色になります。 
オトギリソウ科オトギリソウ属の半常緑小低木で、学名は Hypericum androsaemum。英名は Tutsan。 
Tutsan (Hypericum androsaemum) belongs to the Clusiaceae family. It is a semievergreen shrub that is native to western and southern Europe. This shrub grows on stream banks, coastal screes or scrugs and can reach 60-90 cm in height. The leaves are elliptic, sessile and opposite. The yellow flowers come in June to August. The fruits are red though turn black when mature. 
[上・中1・中3] 長野県大町市「ラ・カスタ」にて、
2007年07月10日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2014年06月29日撮影。
[中2] アイルランド・コノハト地方「コネマラ国立公園」にて、
2005年07月06日撮影。(photo by Jouette Suehiro)
[中4] 長野県豊田村蓮(はちす)にて、2003年07月19日撮影。
[下] イギリス・ランカシャー州ハーストグリーンにて、
2015年06月28日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp