ヒポエステス・アリスタータ

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

Hypoestes aristata

アフリカが原産です。高さは1〜1.5メートルほどになり、よく分枝します。水はけが良く日当たりの良いところを好みます。8月から4月ごろ、穂状花序に薄紫色の花を咲かせます。花冠は円筒形で、先端が大きく唇状に裂けています。
キツネノマゴ科ヒポエステス属の常緑多年草で、学名は Hypoestes aristata。英名は Ribbon bush。
Ribbon bush (Hypoestes aristata) belongs to the family Acanthaceae (the Ruellia family). It is an evergreen perennial herb that is native to Africa. This herb is much branched and it can reach 1-1.5 m in height. It prefers sunny, well-drained soil. The pale purple flowers bloom in the spikes from August to April. The corolla is cylinderical with large labiate-divided tips.
[上・中1・中4] 大阪府河内長野市「花の文化園」にて、
2006年11月21日撮影。
[中3] 同上にて、2006年01月06日撮影。
[中2] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2005年12月27日撮影。
[中5・下] 茨城県つくば市「つくば実験植物園」にて、
2012年10月27日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp