ひゅうがみずき (日向水木)

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

Corylopsis pauciflora

わが国の本州、石川県から兵庫県の日本海側と台湾に分布しています。やせた岩地に生え、高さは1〜3メートルになります。葉はゆがんだ卵形から広卵形で互生します。3月から4月ごろ、葉の展開に先立って淡黄色の花を下垂して咲かせます。雄しべの葯が黄色いのが特徴です。別名で「いよみずき(伊予水木)」とも呼ばれます。 
マンサク科トサミズキ属の落葉低木で、学名は Corylopsis pauciflora。英名は Buttercup winter hazel。 
Buttercup winter hazel (Corylopsis pauciflora) belongs to the Hamamelidaceae (the Witch hazel family). It is a small deciduous tree that is distributed in the Japan Sea Side of Honshu, westward from Ishikawa prefecture to Hyogo prefecture of Japan and Taiwan. This tree grows in infertile rocky places and can reach 1-3 m in height. The leaves are irregular ovate to broad ovate and alternate. The drooping pale yellow flowers come in March to April before foliation. 
[上・中1] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年03月10日撮影。
[中4] 同上にて、2006年04月06日撮影。
[中5・中6] 同上にて、2007年06月21日撮影。
[中2・中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年03月24日撮影。
[中7・中8] 福島市「花見山公園」にて、2013年04月14日撮影。
[中9・中10] 同上にて、2015年03月29日撮影。
[中11〜12・下] 栃木県日光市「霧降の滝」にて、
2016年04月16日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp