パキポジウム・ゲアイー (亜阿相界)

Pachypodium geayi

Pachypodium geayi

Pachypodium geayi

Pachypodium geayi

マダガスカル原産です。乾燥にたいへん強く、高さは8〜10メートル
くらいになります。こん棒のような銀色の幹には鋭い棘があり、先端
に細い葉を叢生しています。白い花が咲きますが、大きな株にならな
いと開花しないそうです。和名の「ああそうかい(亜阿相界)」は、マダ
ガスカル島がアジアとアフリカの境界にあることから。
キョウチクトウ科パキポジウム属の常緑低木で、学名は
Pachypodium geayi。英名は Madagascar palm。
Madagascar palm (Pachypodium geayi) belongs to Apocynaceae (the
Dogbane family). It is a small evergreen tree that is native to Madagascar.
This tree is tolerant of drought, and can reach 8-10 m in height. The stems
are silvery, club-shaped with acute spines, and clump narrow leaves at
stem apices. The white flowers bloom when mature.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2001年11月10日撮影。
[中2・下] アメリカ・ニューヨーク市「ニューヨーク植物園」にて、
2004年03月18日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp