パキポジウム・ラメーレイ

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

Pachypodium lamerei

マダガスカル南部が原産です。乾燥地帯に生え、高さは4.5メート
ルほどになります。幹は肥大して鋭い棘が生え、上部で分枝します。
晩春から初夏にかけて、白色の花を咲かせます。
キョウチクトウ科パキポジウム属の常緑低木で、学名は
Pachypodium lamerei。英名は Madagascar palm。
Madagascar palm belongs to Apocynaceae (the Dogbane family). It is a
small evergreen tree that is native to south Madagascar. This tree grows in
dry areas and can reach about 4.5 m in height. Trunk is succulent with
acute spines, and furcated on the top. White flowers come from late
summer to early spring.
[上・中1] 韓国・京城市「南山(ナムサン)植物園」にて、
2004年06月19日撮影。
[中2] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中3・中4] 同上にて、2001年11月10日撮影。
[中5] 韓国・果川(クァチョン)市莫渓洞(マッケドン)「ソウル大公園」
にて、2007年01月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スペイン・バレンシア県ガンディアにて、2011年02月20日撮影。
(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp