パキポジウム・サウンデルシイ (白馬城) [Index] [Back]

Pachypodium saundersii

Pachypodium saundersii

モザンビークやジンバブエ、南アフリカに分布しています。開けた森林地帯の日当たりの良い岩礫地に生え、高さは1〜2メートルになります。幹は潅木状で、直径1メートルになるボール状の塊茎があり、地面の上にわずかだけ伸びています。葉は倒披針形、倒卵形から倒卵状楕円形で、ときにひどく波打ち、若い枝の上にらせん形についたり、葉腋にでる小枝の先に房状につきます。先端の花序に大きな白色で紫色がかった花を咲かせ、花は長いチューブ状でガによる受粉に適合しています。園芸上は、「白馬城(はくばじょう)」呼ばれます。 
キョウチクトウ科パキポジウム属の常緑低木で、学名は Pachypodium saundersii。英名は Kudu lily、Rathbonia。 
Kidu lily (Pachypodium saundersii) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is distributed in Mozambique, Zimbabwe, and Southern Africa. This tree grows on sunny stony places in open woodland, and up to a height of 1-2 m. The stem is shrubby, with a ball-shaped tuber, up to 1 m in diameter, rising little above the ground. The leaves are oblanceolate, obovate to obovate-elliptic, sometimes strongly undulate, and spirally arranged on young branches or tufted near ends of axillary branchlets. It produces terminal clusters of large white flowers tinged with purple, they are long-tubed and adapted to pollination by moths. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp