パンドレア・ヤスミノイデス

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

Pandorea jasminoides

オーストラリアの東部、クイーンズランド州からニューサウスウェールズ州、ビクトリア州に分布しています。枝は巻きついてよじ登り、6メートルほどになります。葉は奇数羽状複葉で、披針形の小葉が5〜9個あります。夏から秋にかけて、ピンク色や紫色、白色などの花をつぎつぎに咲かせます。葉が似ていることから、「そけいのうぜん(素馨凌霄花)」や「なんてんそけい(南天素馨)」とも呼ばれます。 
ノウゼンカズラ科パンドレア属の常緑蔓性低木で、学名は Pandorea jasminoides。英名は Bower vine、Bower of beauty、Jasmine。 
Bower vine (Pandorea jasminoides) belongs to the Bignoniaceae (the Trumpet creeper family). It is an evergreen woody vine that is distributed to eastern Australia; southward from Queensland to New South Wales and Victoria. This vine climbs up adjacent trees and can reach about 6 in height. The leaves are odd-pinnately compound with 5-9 lanceolate leaflets. The flowers are pink, purple or white and appear from summer to fall. 
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「パームビーチ」にて、2009年05月05日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] オーストラリア・シドニー市キャッスルヒルにて、2005年12月20日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中4〜5・下] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2017年09月15日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp