パンのき (パンの木)

Artocarpus altilis

Artocarpus altilis

Artocarpus altilis

Artocarpus altilis

Artocarpus altilis

マレー半島からマレー群島が原産だといわれています。幹は真っ直ぐに伸び、高さは15〜20メートルになります。葉は大きく、掌状に7〜9裂します。雌雄同株です。果実は大きな球形から長楕円形で、直径は10〜30センチほどあります。果実にはデンプンが含まれ、蒸したり焼いて食用にされます。
クワ科パンノキ属の常緑高木で、学名は Artocarpus altilis。
英名は Breadfruit、Breadnut。
Breadfruit belongs to Moraceae (the Mulberry family). It is a tall evergreen tree that is probably native to the Malay Peninsula and the Malay Islands. The stem is erect and can reach 15-20 m in height. Leaves are large and diveided into palmately 7-9 lobes. This tree is monoecis. Fruits are large oblong 10-30 cm in diameter. This fruits contains amylum and used for steamed or roasted ood.
[上・中1・中3] 名古屋市守山区「東谷山フルーツパーク」にて、
2006年11月15日撮影。
[中2] 同上にて、2007年01月12日撮影。
[下] 群馬県安中市「碓氷川熱帯植物園」にて、
2012年03月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp