パニクム・ウィルガツム [Index] [Back]

Panicum virgatum

Panicum virgatum

北アメリカの大部分に分布しています。大草原や牧草地、道ばたなどに生え、高さは2.7メートル以上になります。北アメリカの中部に広がる高草イネ科植物プレーリーの優占種のひとつです。葉は30~90センチ以上の長さになり、中肋が目立ちます。8月から10月ごろ、よく発達し紫色がかった円錐花序をだします。花序は種子が実る秋にはベージュ色に変わり、種子の羽毛は冬までしっかりと残ります。
イネ科キビ属の多年草で、学名は Panicum virgatum。
英名は Switchgrass。
Switchgrass (Panicum virgatum) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is native to much of North America. This herb grows in prairies, pastures and roadsides, and it can reach up to 2.7 m in height. Switchgrass is one of the dominant species of the central North American tallgrass prairie. The leaves are 30–90 cm long, with a prominent midrib. The well-developed, purple-tinged panicles, often up to 60 cm long, are borne from August to October. They turn beige as the seeds mature in fall with the seed plumes persisting well into winter.
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2009年09月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp