パンヤのき (木)

Ceiba pentandra

Ceiba pentandra

熱帯アメリカが原産です。いまでは熱帯の各地に植栽され、別名の
「カポック」はマレー語に由来します。高さは30メートル以上になり、
幹から枝を水平に段状に張り出します。白色から淡いピンクの花を
咲かせます。若芽や若い果実、種子は食用にされます。果実は紡錘
形で、なかにはパンヤと呼ばれる繊維がつまっています。この繊維
は、クッションや枕などの詰め物に利用されます。
パンヤ科パンヤノキ属の落葉高木で、学名は Ceiba pentandra。
英名は Kapok tree, Silk cotton tree。
関緑著「太陽の花たち」より。(photo by Midori Seki)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp