パラグアイおにばす (パラグアイ鬼蓮)

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

Victoria cruziana

オオオニバス属には、「おおおにばす」と「パラグアイおいばす」の2種があります。「パラグアイおにばす」は、パラグアイ川からラプラタ川の流域に分布しています。どちらも似た種類ですが、「パラグアイおにばす」のほうがやや小型です。けれども葉の縁のそった部分は、「おおおにばす」が5〜10センチなのに対して、15〜20センチもあります。 
スイレン科オオオニバス属の多年草で、学名は Victoria cruziana。
英名は Santa Cruz water lily。 
Santa Cruz water lily (Victoria cruziana) belongs to the Nymphaeaceae (the Waterlily family). The genus Victoria contains 2 species; Victoria regia and Victoria cruziana. Santa Cruz water lily is distributed from the Paraguay river to the La Plata river. This species is smaller than Victoria regia. The leaves are defined by taller edges; 15-20 cm high. 
[上・中1] 愛知県安城市「デンパーク」にて、2007年11月02日撮影。
[中2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2003年09月21日撮影。
[中3] 同上にて、2004年09月14日撮影。
[中4] 滋賀県草津市「草津市立水生植物公園」にて、
2005年08月07日撮影。
[中5〜6・下] 東京都調布市「神代植物公園」にて、
2016年07月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp