ペーパーデージー

Helichrysum subulifolium cv. Golden Sun

Helichrysum subulifolium cv. Golden Sun

Helichrysum subulifolium cv. Golden Sun

Helichrysum subulifolium

Helichrysum subulifolium

オーストラリアの西部に分布しています。高さは30〜50センチにな
り、葉は細くて線形です。4月から6月ごろ、長い茎の先に小さな黄色
い花を咲かせます。花弁のように見えるのは総苞で、内部の総苞片
は黄色、外側は茶色です。ドライフラワーにも利用されます。
キク科ムギワラギク属の一年草で、学名は Helichrysum subulifolium。
英名は Showy everlasting。
Showy everlasting (Helichrysum subulifolium) belongs to Asteraceae (the
Atser family). It is an annual herb that is native to western Australia. This
herb can reach 30-50 cm in height. The leaves are narrow linear. The small
flowerheads bloom on the long stalks from April to June. The flowers are
petal-shaped involcal bracts, with yellow inner bracts and brown outer
bracts. The flowers are used as dried flower.
[上・中1〜2] 茨城県神栖市太田新町にて、2009年05月10日撮影。
[中3・下] 静岡県浜松市「浜名湖花博」にて、2004年04月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp