パフィオペディルム・デレナティー

Paphiopedilum delenatii

ベトナムが原産です。自生地は消滅したと考えられていましたが、
1995年に再発見されました。葉には斑が入ります。冬から春にか
けて、ごく淡いピンクの花を咲かせます。
ラン科パフィオペディルム属の常緑多年草で、学名は Paphiopedilum
delenatii。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2005年03月08日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp