パフィオペディルム

Paphiopedilum orchilla cv. Chilton

Paphiopedilum orchilla cv. Chilton

Paphiopedilum sp.

Paphiopedilum sp.

東南アジアを中心に中国南部やインド、フィリピンに70種ほどが分
布しています。ふつうは地生ですがまれに着生します。茎は短くて、
長楕円形から長舌形の葉が数個つきます。花は地味なものが多く、
袋状の唇弁がユニークでスリッパに似ています。属名はギリシャ語の
「女神のサンダル」に由来します。写真上・中1は、園芸品種の「チル
トン(Paphiopedilum orchilla cv. Chilton)」。
ラン科パフィオペディルム属の多年草で、学名は Paphiopedilum sp.
(属の総称)。英名は Lady's slipper、Paphiopedilum。
Lady's slipper (Paphiopedilum sp.) belongs to Orchidaceae (the Orchid
family). It is a an evergreen perennial herb that is native to center on
Southeast Asia, southern China, India and the Philippine Islands. There are
about 70 species. This herb is usually terrestrial, rarely epiphyte. The stem
is short and the several leaves are oblong or long tongue-shaped. The
flowers are commonly conservative with unique pouched lip.
[上・中1] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年02月04日撮影。
[中2・下] アメリカ・テキサス州ダラスにて、2011年02月20日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp