パフィオペディルム・ニグリツム

Paphiopedilum lawrenceanum var. nigritum

Paphiopedilum lawrenceanum var. nigritum

インドネシアのボルネオ島に分布するラウレンケアヌム種(P.
lawrenceanum)の小型変種です。4〜6個でる葉は長楕円形で、黄緑
色の斑が入ります。唇弁はパイプ形で口元が広がっています。
ラン科パフィオペディルム属の多年草で、学名は Paphiopedilum
lawrenceanum var. nigritum。英名はありません。
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp