パフィオペディルム・フィップス [Index] [Back]

Paphiopedilum Phips

Paphiopedilum Phips

アウレウム種(Paph. Aureum)とボルトニイ種(Paph. Boltonii)から育成された種間交雑種です。上萼片は淡いクリーム色で、淡褐色の斑点があります。
ラン科パフィオペディルム属の常緑多年草で、学名は Paphiopedilum Phips。英名はありません。
Paphiopedilum Phips belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is a interspecific hybrid between Paph. Aureum and Paph. Boltonii. The dosal sepal is creamy white with light brown spots.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp