パフィオペディルム・プリムリヌム

Paphiopedilum primulinus

Paphiopedilum primulinus

インドネシアのスマトラ島に分布しています。長舌形の葉が4〜7個
つき、縁は波状です。花茎は直立または斜上して、周年、黄色い花
を咲かせます。上顎片は丸く、縁が波状の花弁は水平に張りだして
います。
ラン科パフィオペディルム属の常緑多年草で、学名は Paphiopedilum
primulinus。英名はありません。
大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年11月14日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp