パセリ (オランダ芹)

Petroselinum crispum

Petroselinum crispum

Petroselinum crispum

Petroselinum crispum

Petroselinum crispum

Petroselinum crispum

ヨーロッパの中部から南部、アフリカ北部が原産です。わが国へは
江戸時代に渡来しました。和名では「オランダぜり」と呼ばれます。濃
い緑色の縮れた葉が特徴で、2年目の夏に緑がかった黄色の花が
咲き、種子ができると枯れてしまいます。ポピュラ−な料理用ハ−ブ
で、肉や野菜料理の飾りに使われます。利尿や生理痛、殺菌にも効
果があるといわれます。
セリ科オランダゼリ属の二年草で、学名は Petroselinum crispum。
英名は Parsley。
Parsley belongs to Apiaceae (the Carrot family). It is a biennial herb that is
native to central and south Europe, northern Africa. This herb was
introduced into Japan in Edo Era (about 300 years ago). This herb is
defined by the dark green curly leaves. It blooms the greenish yellow
flowers in second summer and it is blighted after fruiting. Parsley is a
popular cooking herb that is used for meat and vegetable dishes. It is used
for positive effects in diuresis, cramps or sterilization.
[上・中1] 静岡県浜松市西区呉松町にて、2007年03月13日撮影。
[中2・中3] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年05月19日撮影。
[中4] 茨城県神栖市太田新町にて、2010年03月13日撮影。
[下] 千葉県香取市大角にて、2010年06月03日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp