パロディア・ワラシイ [Index] [Back]

Parodia warasii

Parodia warasii

ブラジルが原産で、リオグランデ・ド・スル州に存在しています。ナンヨウスギ属の混交林や落葉樹林にある岸壁の岩の割れ目に生えています。茎は年を経ると、高さ60センチ、直径30センチ以上になります。茎には15〜16稜あり、真っ直ぐで断面はほとんど三角形、わずかに瘤があります。15〜20個の針状の棘が、稜の下方に向かって列を作ります。大きな黄色または淡いレモンイエローの花が頂上あたりに咲き、夏のあいだ中見ることができます。 
サボテン科パロティア属の柱サボテンで、学名は Parodia warasii。
英名はありません。 
Parodia warasii belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a columnar cactus that is native to Brazil, occurring in Rio Grande do Sul. This cactus grows in rock cracks on walls in mixed Araucaria forest and deciduous forest. The stems grows up to 60 cm tall and 30 cm in diameter, as it ages. The ribs are 15-16, straight, nearly triangular in cross section, slightly humped. The 15-20, needle-like spines are forming rows down its ribs. The large golden to pale lemon yellow flowers bloom near the top and appear during the summer. 
[上] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] 同上にて、2010年08月19日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp