パッシフローラ・インセンス

Passiflora cv. Incense

Passiflora cv. Incense

Passiflora cv. Incense

Passiflora cv. Incense

Passiflora cv. Incense

Passiflora cv. Incense

インカルターナ種(Passiflora incarnata)とキンニカータ種(Passiflora cinnicata)との種間交雑種です。成長が早く、長さは3~6メートルになります。またきわめて丈夫な園芸品種で、氷点下の気温になっても地上部は枯死しますが、暖かくなるとまた根から芽をだします。葉は大きく、掌状に3~5裂します。春から夏にかけて、淡い紫色の花披片と紫色から藤色までが混じった副花冠をもつ花を咲かせます。副花冠は途中からカールします。果実は3~8センチほどの大きさになり、黄色く熟して食べられるそうです。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑低木で、学名は Passiflora cv. Incense。英名はありません。 
Passiflora cv. Incense belongs to the family Passifloraceae (the Passion flower family). It is a small evergreen tree that is an interspecific hybrid between Passiflora incarnata and Passiflora cinnicata. This tree grows fast and can reach 3-6 m in length. It is also a very stout cultivar. It's terrestrials are blighted below freezing point though the roots come into leaf in spring. The leaves are large and palmately divided into 3–5 leaflets. The flowers are pale purple tepals with purple to lavender mixed coronas, and bloom from spring to summer. The filaceous coronas curl from the middle. The edible fruits are 3-8 cm long and ripen yellow. 
[上・中3] 京都府精華町「花空間けいはんな」にて、
2006年10月03日撮影。
[中1・中2] 滋賀県草津市「草津市立水生植物公園」にて、
2005年08月07日撮影。
[中4・下] スペイン・バレンシア県プソルにて、2014年07月29日撮影。
(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp