パツラまつ (パツラ松)

Pinus patula

Pinus patula

メキシコの中部から東部が原産です。高さは15メートルほどになり、
幹の下部から分枝して横に広がります。葉は長さ15〜35センチの
針形で、3〜5個が束生します。現在では、アフリカを中心にオースト
ラリアやニュージーランド、インドなどに広く植林されています。材は
建築・器具用やパルプ、燃料用などに利用されます。
マツ科マツ属の常緑高木で、学名は Pinus patula。
英名は Mexican weeping pine。
オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、
2006年01月07日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp