ペカン (ピーカン)

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

Carya illinoensis

アメリカの中部、アイオワ州東部からルイジアナ州、テキサス州それにメキシコ北部に分布しています。氾濫原や谷間などの湿ったところに生え、高さは30メートルほどになります。樹皮は淡褐色または灰色で、不規則に割れ目が入ります。葉は奇数羽状複葉で、小葉は披針形、11〜17個がつきます。早春、葉が展開する前に、細い尾状の雄花序を下垂させ、枝先には雌花序をつけます。果実は3〜5センチの堅果で4稜があり、「ウォールナッツ」に似ていています。アメリカでは「ピーカンナッツ(Pecan nut)」と呼ばれ、食用として広く栽培されています。
クルミ科ペカン属の落葉高木で、学名は Carya illinoensis。
英名は Pecan、Sweet pecan。
Pecan (Carya illinoensis) belongs to the family Juglandaceae (the Walnut family). It is a tall deciduous tree that is native from eastern Iowa to Lousiana, Texas and northern Mexico. This tree grows on wet places in flood plains or valleys, and it can reach about 30 m in height. The barks are pale brown or gray, and furrowed unevenly. The leaves are impari-pinnate with 11-17, lanceolate leaflets. The narrow, caudal, male clusters are drooping down and the female clusters are borne at the top branches in early spring before foliation. The fruits are nuts with four ridges and resemble to walnut. They are called pecan nut in United States and widely cultivated as fruit trees.
[上・中1・中8] アメリカ・テキサス州ダラス市にて、
2006年04月14日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2005年10月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 同上にて、2006年09月24日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中4〜中7] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9・下] アメリカ・テキサス州ダラス市「ホワイトロック湖」にて、
2013年08月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp