ペディクラリス・オエデリ [Index] [Back]

Pedicularis oederi

Pedicularis oederi

Pedicularis oederi

スカンジナビア半島の山地やアルプスに分布しています。標高1950メートルまでの、ふつうは石灰岩地の湿気のある草地や岩場などに生え、高さは10〜25センチになります。葉は羽状に浅裂します。根生葉は束生し、茎葉は互生します。7月から8月ごろ、密な総状の花序に黄色い花を咲かせます。上唇の先端には、深紅色の斑があります。
ゴマノハグサ科シオガマギク属の多年草で、学名は Pedicularis oederi。英名は Crimson-tipped lousewort。
The Crimson-tipped lousewort (Pedicularis oederi) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to the mountains of Scandinavia and the Alps. This herb grows in damp meadows and rocky places, generally on limestones, to 1950 m elevation, and can reach 10-25 cm in height. The leaves are pinnately-lobed. The basal leaves are fasciculate and the cauline leaves are alternate. The flowers are yellow with crimson tips to the upper lips, and bloom in the dense racemose clusters from July to August.
[上・中] スイス・ベルン州バッハアルプゼーにて、
2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2013年06月26日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp