ペディクラリス・レクティータ [Index] [Back]

Pedicularis recutita

Pedicularis recutita

ヨーロッパアルプスに分布しています。標高1500〜2500メートルの放牧地や湿地、日陰などに生え、高さは20〜40センチになります。葉は羽状複葉です。花はくすんだ深紅色の帯びた緑黄色で、7月から8月ごろ、穂状花序に密に咲きます。上唇はくちばし状になりません。
ゴマノハグサ科シオガマギク属の多年草で、学名は Pedicularis recutita。英名は Beakless red lousewort。
Beakless red lousewort (Pedicularis recutita) belongs to Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to Europe; the Alps. This herb grows in meadows, damp or shady places, 1500-2500 m elavation, and can reach 20-40 cm in height. The leaves are pinnately-lobed. The flowers are greenish-yellow tinged dull crimson, and bloom in dense spikes from July to August. The upper lip is not beaked.
スイス・ベルン州「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、
2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp