ペラルゴニウム・クリツミフォリウム

Pelargonium crithmifolium

Pelargonium crithmifolium

南アフリカからナミビアが原産です。茎は多肉質でこぶがあり、高さ
は50センチほどになります。表皮は黄みがかった緑色をしていて、
ときどき剥離しています。葉は「パセリ」に似た掌状複葉です。春から
夏にかけて、枝先の散形花序に小さな花を咲かせます。花弁は白色
で、赤紫色の斑があります。
フウロソウ科テンジクアオイ属の常緑小低木で、学名は Pelargonium
crithmifolium。英名は Samphire leafed geranium。
京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2003年02月02日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp