ペラエア・ウィリディス [Index] [Back]

Pellaea viridis

アフリカ、イエメン、いくつかの太平洋諸島それにインドの固有種です。地下茎は鱗片状で、短く這います。葉はふつう2回羽状複葉、たまに3回羽状複葉で、披針形から卵形の羽片がつきます。胞子嚢帯は周縁につき、幅1ミリほどです。 
ウラボシ科ペラエア属の常緑シダ類で、学名は Pellaea viridis。
英名は Green cliff brake。 
The Green cliff brake (Pellaea viridis) belongs to the Polypodiaceae family. It is an evergreen fern that is indigenous to Africa, Yemen, some Pacific Ocean islands and India. The rhizomes are scaly and short-creeping. The leaves are usually 2-pinnate, sometimes to 3-pinnate with lanceolate to ovate pinnae. The band of sori are marginal and about 1 mm wide. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp