ペンステモン・クレウェランディ [Index] [Back]

Penstemon clevelandii

Penstemon clevelandii

カリフォルニア州の南部に分布していますが、北アメリカの西部でも見ることができます。クレオソートブッシュの潅木帯やヨシュアの木の林、シャパラルなどに生え、高さは70センチほどになります。葉は厚く卵形で、長さは2〜6センチ、ときおり鋸歯があります。花は筒状で広げられた唇があり、色はピンク色から赤紫色です。
ゴマノハグサ科イワブクロ属の多年草で、学名は Penstemon clevelandii。英名は Cleveland's beardtongue。
Cleveland's beardtongue (Penstemon clevelandii) belongs to the family Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is native to southern California and is also found in western North America. This herb grows in Creosote bush scrub, Joshua tree woodland, and chaparral, and it can reach about 70 cm in height. The leaves are thick, oval in shape, sometimes toothed, and 2-6 centimeters in length. The flowers are tubular, pink to magenta in color with expanded, lipped mouths.
アメリカ・ネバダ州ラスベガス市にて、2009年01月10日撮影。
(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp