ペニオケレウス・グレッギイ

Peniocereus greggii

Peniocereus greggii

アメリカ南西部のアリゾナ州からメキシコ北部のソノラ州(Sonora)に
分布しています。乾燥した地域に生え、高さは0.3〜3メートルにな
ります。茎は灰緑色の柱状で、直径1.2〜2.5センチ、4〜6稜が
あります。棘座は楕円形で隣接し、中棘は黒色で1〜2個、縁棘は6
〜9個がつきます。6月ごろの夜、直径10センチ以上もある真っ白
な花を咲かせます。花は一夜かぎりで、強い芳香があります。
サボテン科ペニオケレウス属の柱サボテンで、学名は Peniocereus
greggii。英名は Night-blooming cereus。
Night-blooming cereus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is an
evergreen perennial herbacious plant that is distributed Arizona, south into
Sonora, north Mexico. This cactus occurs in arid areas and can reach 0.3-3
m in height. Stems are columnar, grayish green, 1.2-2.5 cm in diameter and
have 4-6 ribs. Areoles are elliptic and set closely. Central spines are 1-2,
blackish and radial spines are 6-9. White flowers are up to 10 cm, and
bloom at night in June. Bloom is lasting only one night with strong scented.
アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2006年12月25日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp