ペンニセツム・パープルマジェスティ

Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty

Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty

Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty

Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty

アフリカのスーダン地方原産の穀物「パールミレット」の園芸品種です。2003年にアメリカで作出されました。高さは1.5メートルほどになり、葉ははじめは緑色ですが、成長すると暗紫色に変化します。また茎頂から長さ15センチほどの穂状花序をだします。庭園の縁取りやフラワーアレンジメントに利用されます。
イネ科チカラシバ属の多年草で、学名は Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty。英名は Pennisetum 'Purple Majesty'、Ornamental purple millet。
Pennisetum 'Purple Majesty' (Pennisetum glaucum cv. Purple Majesty) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a perennial herb that is a cultivar of pearl millet which native to Sudan in Africa. This cultivar was raised in the United States in 2003. It can reach about 1.5 m in height. The leaves are green at first and turns dark purple when mature. The spike about 15 cm long is borne atop of stem. It is used as a edging of garden or a flower arrangement.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2005年11月28日撮影。
[中2・下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp