ペニーロイヤルミント

Mentha pulegium

Mentha pulegium

Mentha pulegium

Mentha pulegium

Mentha pulegium

南ヨーロッパから西アジアが原産です。湿った草地や河岸に生え、高さは40〜60センチになります。強い「スペアミント」の芳香があり、ドライフラワーやポプリ、犬のノミ取りに利用されます。8月から10月ごろ、花茎を伸ばして穂状花序をだし、うす紫色の花を咲かせます。ハーブティーにもされますが、妊娠中は避けた方がいいとのこと。別名で「めぐさはっか(目草薄荷)」とも呼ばれます。 
シソ科ハッカ属の多年草で、学名は Mentha pulegium。
英名は Pennyroyal。 
The Pennyroyal (Mentha pulegium) belongs to Lamiaceae (the Mint family). It is a perennial herb that is native from southern Europe to West Asia. This herb grows in moist grasslands or stream banks and can reach 40-60 cm in height. The spikes are borne on the stalks and bloom pale purple flowers from August to October. The plant has strong spearmint-like smell and used as a dried flower, potpourri or pulicide. The leaves are also used for herbal tea, though they should not be used by pregnant women. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2003年07月06日撮影。
[中2] 群馬県中之条町「薬王園」にて、2008年03月30日撮影。
[中3・下] 東京都品川区「星薬科大学」にて、2013年06月01日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp