ペンステモン・ルピコラ

Penstemon rupicola

Penstemon rupicola

Penstemon rupicola

アメリカの太平洋岸、ワシントン州中部からカリフォルニア州北部に
分布しています。亜高山帯の岩礫地の斜面や岩棚、崖などに群生
し、高さは10センチほどになります。葉は小さな卵形で対生し、縁に
は不規則な細かい鋸歯があります。5月から8月ごろ、花茎を伸ばし
て総状花序をつけ、鮮やかなピンク色からローズピンクの花を咲か
せます。花冠の上唇は2裂して上向きに反り、下唇は3裂して下向き
に曲がります。
ゴマノハグサ科イワブクロ属の多年草で、学名は Penstemon
rupicola。英名は Cliff penstemon, Rock penstemon。
アメリカ・ワシントン州「レーニエ山国立公園」にて、
2001年09月11日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp