ペンニセツム・セタケウム [Index] [Back]

Pennisetum setaceum cv. Rubrum

Pennisetum setaceum cv. Rubrum

Pennisetum setaceum cv. Rubrum

Pennisetum setaceum cv. Rubrum

Pennisetum setaceum cv. Rubrum

熱帯アフリカから中東アジア、東南アジアが原産です。空き地や潅木帯などに生えて群生し、高さは90〜150センチになります。葉は線形で弓なりになります。穂状花序は直立あるいはうなだれ、30センチほどの長さがありローズ色を帯びます。写真上から中3は、園芸品種の「ルブルム(cv. Rubrum)」、濃い紫色の葉と赤紫色の羽毛が特徴です。
イネ科チカラシバ属の多年草で、学名は Pennisetum setaceum。
英名は Fountain grass、African fountain grass。
Fountain grass (Pennisetum setaceum) belongs to the family Poaceae (the Grass family). It is a perennial grass that is native to tropical Africa, Middle East and Southeast Asia. This grass grows in open and scrubby areas, can reach 90-150 cm in height. Fountain grass grows in dense clumps. Leaves are linear and arching. Flower spikes are erect or nodding, up to 30 cm long and rose-colored. The 1-4th photos are a cultivar 'Rubrum', with dark purple leaves and burgundy-red plumes.
[上・中1] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、
2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中2・中3] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2008年09月21日撮影。
[下] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp