ペンタス (草山丹花)

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

Pentas lanceolata

東アフリカからアラビア半島が原産です。熱帯地域では庭園にふつうに植栽されています。葉は楕円形から披針形で対生します。5月から10月ごろ、枝先の散房花序に、星形の花を咲かせます。多くの園芸品種が作出され、花色には紅色やピンク色、藤色、白色などがあります。花後に切り戻すと分枝して、また花を咲かせます。和名では花のかたちが「さんたんか」に似ていることから「くささんたんか(草山丹花)」と呼ばれます。 
アカネ科ペンタス属の多年草で、学名は Pentas lanceolata。
英名は Pentas、Star cluster。 
Pentas (Pentas lanceolata) belongs to the Rubiaceae (the Madder family). It is a perennial herb that is native to East Africa and the Arabian Peninsula. This herb is cultivated widely in tropical gardens. The leaves are elliptic to lanceolate and opposite. The star-shaped flowers come in the terminal corymbs from May to October. The many cultivars are breeded with varied flower colors, such as rose-pink, pink, lavender or white. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、
2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜中3] 京都府宇治市「宇治市植物公園」にて、
2006年01月12日撮影。
[中4・中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、
2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、
2015年11月20日撮影。(photo by Jouette Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp