ペペロミア [Index] [Back]

Peperomia sp.

Peperomia sp.

世界中の熱帯および亜熱帯地域に分布しています。でも集中しているのは中央アメリカおよび南アメリカ北部です。ほとんどはコンパクトで小さな着生植物で、腐った木材の上に成長します。1500種以上が記録されています。これらの種はふつう、厚くて丈夫な茎と多肉質の葉があり、ときおり表皮に透明窓があります。ペペロミアの花は、通常は黄色から茶色で円錐形の穂状花序につきます。 
コショウ科サダソウ属の常緑多年草で、学名は Peperomia sp. (属の総称)。英名は Radiator plant。 
The Radiator plant (Peperomia sp.) belongs to the Piperaceae (the Pepper family). It is an evergreen perennial herb that is distributed in all tropical and subtropical regions of the world, though concentrated in Central America and northern South America. Most of them are compact, small perennial epiphytes growing on rotten wood. More than 1500 species have been recorded. These species generally have thick, stout stems and fleshy leaves, sometimes with epidermal windows. Peperomia flowers typically come in yellow to brown conical spikes. 
アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、
2010年02月18日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp