ペルシカリア・アフィニス

Persicaria affinis

Persicaria affinis

Persicaria affinis

Persicaria affinis

ネパールから中国雲南省が原産です。ヒマラヤ山麓の標高3000〜4800メートルの岩礫地に生え、高さは20〜25センチになります。葉は倒披針形でほとんどが根生し、縁には細かい鋸歯があります。夏の終わりから秋にかけて、花茎を伸ばして穂状花序をだし、ピンク色から淡い赤色の花を咲かせます。霜が降りることになると花色が濃くなります。別名で「ポリゴヌム・アフィネ」や「ヒマラヤとらのお(ヒマラヤ虎の尾)」とも呼ばれます。 
タデ科イヌタデ属の多年草で、学名は Persicaria affinis(syn. Polygonum affine )。英名は Himalayan fleeceflower。 
Himalayan fleeceflower (Persicaria affinis) belongs to the Polygonaceae (the Knotweed family). It is a perennial herb that is native to Nepal and Yunnan province of China. This herb grows in alpine screes at altitudes between 3000 and 4800 m, submontane districts of the Himalayas, and can reach 20-25 cm in height. The leaves are ob-lanceolate, mostly basal with fine toothed edges. The spikes are borne atop of stems, and bloom pink to pale red flowers from late summer to fall. The color of this flower will get darker when it gets frosted. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、
2005年09月07日撮影。
[中2・下] 長野県白馬村「白馬五竜高山植物園」にて、
2016年07月31日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp