ペレスキア・グランディフォリア (桜麒麟)

Pereskia grandifolia

Pereskia grandifolia

Pereskia grandifolia

ブラジル南東部のミナスジェライス州とエスピーリトサント州に分布し
ています。乾燥した森やサバンナに生え、高さは5メートルほどになり
ます。幹は直径20センチ以上になり、幹や枝には鋭くて長い棘が生
えます。夏にピンク色の花を昼間だけ咲かせます。花後、ナシ形の
果実が実ります。園芸上は「サクラキリン(桜麒麟)」と呼ばれます。
サボテン科ペレスキア属のサボテン類で、学名は Pereskia
grandifolia。英名は Rose cactus。
Rose cactus belongs to Cactaceae (Cactus family). It is a deciduous shrub
that is native to Minas Gerais and Espirito Santo, southeast Brazil. This
cactus occurs in dry forests, savanna and can reach about 5 m in height.
Trunks grow up to 20 cm in diameter, and long acute spines are born on the
trunks and branches. Pink flowers open during the day in summer.
Following bloom the pear-shaped fruits ripen.
名古屋市千種区「東山植物園」にて、2006年12月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp