ペスカトレア・レーマンニイ [Index] [Back]

Pescatrea lehmannii

Pescatrea lehmannii

南アメリカ北部のコロンビアとエクアドルに分布しています。標高1200〜1500メートルの山地に生える着生ランです。葉は倒披針形で、数個が扇状に叢生します。春から秋にかけて、花茎を直立して伸ばし、直径6〜8センチの花をひとつだけ咲かせます。萼片と花弁は白色で、紫褐色の筋が入ります。唇弁は紫褐色です。
ラン科ペスカトレア属の常緑多年草で、学名は Pescatrea lehmannii。英名はありません。
Pescatrea lehmannii belongs to Orchidaceae (Orchid family). It is an evergreen perennial herb that is native to northern South America, Colombia and Ecuador. This herb occurs in the mountains at 1200-1500 m elevation. The leaves are oblanceolate and crowding fanwise. The flower is borne signly on an erect spike and 6-8 cm across from spring to fall. The sepals and petals are white with purplish brown stripes, the lip is purplish brown.
静岡県伊豆の国市「伊豆洋らんパーク」にて、
2007年02月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp