ファレノプシス・ギガンテア

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

Phalaenopsis gigantea

インドネシアのボルネオ島に分布しています。標高400メートル以上の熱帯雨林に生える着生ランです。50センチ以上にもなる葉は薄緑色で、5〜6個がつきます。長い花茎を下垂させ、黄白色の地に紫褐色の模様が入った花をいっぱい咲かせます。 
ラン科ファレノプシス属の常緑多年草で、学名は Phalaenopsis gigantea。英名は Elephant ears orchid。 
Elephant ears orchid (Phalaenopsis gigantea) belongs to the Orchidaceae (the Orchid family). It is a perennial evergreen tree that is native to the Borneo in Indonesia. This orchid grows in tropical forests up to 400 m elevation, and are epiphytes. The leaves are 5-6, pale green, up to 50 cm long. The flowers are purple-brown mottled aganist a yellowish white background, and bloom descendin at the long terminal flowering stalks. 
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年10月25日撮影。
[中2・中3] 同上にて、2005年02月15日撮影。
[中4〜5・下] 東京都調布市「神代植物公園」にて、
2016年07月23日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp