ファセリア・タナケティフォリア

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

Phacelia tanacetifolia

アメリカのカリフォルニア州、モハーベ砂漠に分布に分布しています。乾燥したオークやコニファーの林、砂礫地の斜面や平原などに生え、高さは60〜90センチになります。茎は直立して、全体に短毛で被われ、葉は規則正しく羽状に深裂します。3月から5月ごろ、茎頂にサソリの尾のように巻いた花序をだし、淡い藤色のベル形の花を咲かせます。別名で「アンジェリア」とも呼ばれ、園芸上もよく利用されています。 
ハゼリソウ科ファセリア属の一年草で、学名は Phacelia tanacetifolia。英名は Lacy phacelia、Tansy phacelia。 
Lacy phacelia (Phacelia tanacetifolia) belongs to the Hydrophyllaceae (the Waterleaf family). It is an annual herb that is distributed in the Mojave Desert on California State. This herb grows in dry oak or conifer forests, rocky slopes or plains, and can reach 60-90 cm in height. The stem is erect and the whole plant is covered with short hairs. The leaves are divided into regular, deep fronds pinnately. The scorpoid cyme is borne at the top of stem, the pale lavender, bell-shaped flowers bloom from March to May. Lacy phacelia is often used as a garden plant. 
[上・中1〜3] 千葉県香取市仁良にて、2010年08月05日撮影。
[中4・中5] アイルランド・コノハト地方「コネマラ国立公園」にて、
2005年07月06日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6〜中11] 千葉県香取市大角にて、2016年04月12日撮影。
[中12〜13・下] 千葉県東庄町青馬にて、2016年06月11日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp