フィロデンドロン・ウェンドインベ

Philodendron ornatum cv. Wendimbe

Philodendron ornatum cv. Wendimbe

Philodendron ornatum cv. Wendimbe

Philodendron ornatum cv. Wendimbe

ブラジルの南東部に分布するオルナツム種の園芸品種です。高さは30〜60センチになり、大きな長楕円形の葉が互生します。葉脈は明瞭でくぼみます。3月から5月ごろ、葉腋から紫紅色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をだし、目立たない花を咲かせます。
サトイモ科フィロデンドロン属の常緑多年草で、学名は Philodendron ornatum cv. Wendimbe。英名はありません。
Philodendron 'Wendimbe' (Philodendron ornatum cv. Wendimbe) belongs to Araceae (the Arum family). It is an evergreen perennial herb that is a cultivar of Philodendron ornatum. The host species is native to south-eastern Brazil. This herb can reach 30-60 cm in height. The leaves are large oblong and arranged in alternate. They have clear concave veins. The spadix with magenta spathes are borne at the axils and the inconspicuous flowers bloom from March to May.
[上・中1] 京都市左京区「京都府立植物園」にて、
2006年02月02日撮影。
[中2・下] 群馬県前橋市「ぐんまフラワーパーク」にて、
2011年12月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp