フロックス (草夾竹桃)

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

Phlox paniculata

北アメリカやシベリアが原産の、一般に宿根フロックスと呼ばれる花で、夏の花壇を彩ります。茎頂の総状花序に花をいっぱい咲かせます。開花期間はたいへんに長く、花色は紅色や紫紅色、ピンク色や白色など多彩です。「おいらんそう(花魁草)」という別名は、華やかに咲く様子を花魁の姿に見たてたもの、あるいは花の香りが花魁の白粉に似ていることからといいます。 
ハナシノブ科フロックス属の多年草で、学名は Phlox paniculata。英名は Summer phlox。 
Summer phlox (Phlox paniculata) belongs to the Polemoniaceae (the Phlox family). It is a perennial herb that is native to North America and Siberia. The racemes are borne on the stem apices and the rose-pink, magenta, pink or white flowers bloom in summer. The flowering length is excessively-long. 
[上・中1] 長野県筑北村坂井真田にて、2006年08月01日撮影。
[中2] 岐阜県白川村荻町「白川郷」にて、2006年07月12日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3] 山形県小国町泉岡にて、2008年07月11日撮影。
[中4] 山形県小国町小玉川にて、2008年07月11日撮影。
[中5] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2007年09月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中6] アメリカ・ワシントンDC「アメリカ国立植物園」にて、2008年10月07日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中7] アメリカ・テキサス州オースティン市にて、2008年08月02日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8・下] 岩手県雫石町「小岩井農場まきば園」にて、2017年07月21日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp