フロックス・ストロニフェラ (蔓花忍)

Phlox stolonifera

Phlox stolonifera

Phlox stolonifera

アメリカの東部からカナダの南部に分布しています。湿った林内に生
え、高さは15〜25センチになります。茎は匍匐して広がり、広卵形
の葉は綿毛に被われます。春に花茎を伸ばし、不規則な散形花序
に、トランペット形の青紫色の花を咲かせます。花色には白色やピン
ク色、紫色もあります。園芸上は「つるはなしのぶ(蔓花忍)」と呼ば
れます。
ハナシノブ科フロックス属の常緑多年草で、学名は Phlox stolonifera。
英名は Creeping phlox。
Creeping phlox belongs to Polemoniaceae (Phlox family). It is an evergreen
perennial herb that is native to eastern USA and southern Canada. This
herb occurs in waste forests and can reach 15-25 cm in height. The stem is
creeping and the leaves are broad ovate with wooly hairs. The flowering
stalks are borne and bloom trumpet-shaped bluish purple flowers. There
are also white, pink or purple flower colors.
[上] 大阪府四条畷市清滝中町にて、2007年04月03日撮影。
[中] 同上にて、2007年03月30日撮影。
[下] 同上にて、2006年03月21日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp