フィソカルプス・アムレンシス

Physocarpus amurensis

Physocarpus amurensis

東アジアの中国東北部からアムール川(黒竜江)地域、朝鮮半島に
分布しています。標高2000メートルあたりの山地に生育します。高
さは1〜2メートルほどになり、葉は先端が3裂しています。6月から
7月ごろ、散房花序に白い花を咲かせます。なお、テマリシモツケ属
は、北アメリカと東アジア東部の亜寒帯地域にだけ分布します。
バラ科テマリシモツケ属の落葉低木で、学名は Physocarpus
amurensis。英名は Amur ninebark。
大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2002年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp