フィテウーマ・ベトニキフォリウム [Index] [Back]

Phyteuma betonicifolium

Phyteuma betonicifolium

Phyteuma betonicifolium

Phyteuma betonicifolium

ヨーロッパのアルプスやアペニン山脈、ピレネー山脈に分布しています。標高1000から2600メートルの草地に生え、高さは30〜50センチになります。基部の葉は卵状披針形で、基部は切形、縁には鋸歯があります。上部の葉は線形です。6月から8月ごろ、長さ4センチほどの円筒状の穂状花序をだし、小さな赤紫色の花を咲かせます。
キキョウ科フィテウーマ属の多年草で、学名は Phyteuma betonicifolium。英名はありません。
Phyteuma betonicifolium belongs to Campanulaceae (Bellflower family). It is a perennial herb that is native to European mountains; Alps, Apennines and Pyrenees. This herb occurs in grasslands 1000-2600 m elevation and can reach 30-50 cm in height. The basal leaves are oval-lanceolate with truncated bases and toothed edges, and the upper leaves are linear. The cylindrical spike about 4 cm long is borne and blooms small red-violet flowers from June to August.
スイス・ベルン州・グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、
2007年06月28日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp