フィソカルプス・ブラクテアツス

Physocarpus bracteatus

Physocarpus bracteatus

Physocarpus bracteatus

アメリカのコロラド州が原産です。高さは1〜3メートルほどになり、葉
は楕円形で、「アメリカてまりしもつけ(P. opulifolius)」に比べて葉縁が
なめらかです。5月から7月ごろ、散房花序をつけて白い花を咲かせ
ます。
バラ科テマリシモツケ属の落葉低木で、学名は Physocarpus
bracteatus。英名は Colorado ninebark。
Colorado ninebark belongs to Rosaceae (Rose family). It is a deciduous
small tree that is native to Colorado of USA. This tree can reach 1-3 m in
height. The leaves are elliptic and the margins are more smooth than
Ninebark (P. opulifolius). The corymbs are borne and bloom white flowers
from May to July.
[上] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2007年05月22日撮影。
[中・下] 同上にて、2004年05月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp