フィソカルプス・カピタツス

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

Physocarpus capitatus

アメリカの西部に分布しています。高さは3メートル以上になり、葉はカエデに似た掌状で互生します。5月から6月ごろ、散房花序を小枝のうえにつけ、白い花をいっぱいに咲かせます。テマリシモツケ属の枝は、古くなると樹皮が剥離して層状になり、これが英名のゆえんとなっています。
バラ科テマリシモツケ属の落葉低木で、学名は Physocarpus capitatus。英名は Pacific ninebark、Western ninebark。
Pacific ninebark (Physocarpus capitatus) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a small deciduous tree that is native to western United States. This tree grows up to 3 m in height, and the leaves have maple-like, palmate lobed and arranged in alternate. The many white flowers bloom in the corymbs atop of twigs from May to June. The genus name comes from the appearance of the bark, which is flaky, peeling away in many layers.
[上・中1〜4] アメリカ・オレゴン州「マルトノマ滝」にて、
2013年06月17日撮影。
[中5・下] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、
2002年04月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp