フィテウーマ・コモースム (悪魔の爪)

Phyteuma comosum

Phyteuma comosum

Phyteuma comosum

Phyteuma comosum

ヨーロッパアルプスの南部、ドロミテ地方の特産です。標高1900〜2100メートルの岩場に生え、高さは5〜10センチになります。基部の葉は心形から卵形、茎葉は卵状披針形から披針形で鋸歯があります。晩春に不思議なかたちの花を咲かせます。花はピンクで、尖った先端は紫黒色をしています。別名で「あくまのつめ(悪魔の爪)」とも呼ばれます。 
キキョウ科フィテウーマ属の多年草で、学名は Phyteuma comosum (syn. Physoplexis comosa)。英名はありません。 
Phyteuma comosum belongs to the family Campanulaceae (the Bellflower family). It is a perennial herb that is endemic to Dolomiti Region in the southern Europe Alps. This herb grows on rocky places, 1900-2100 m elevation, and it can reach 5-10 cm in height. The basal leaves are cordate to ovate, and the cauline leaves are ovate-lanceolate to lanceolate with toothed edges. The enigmatic-shaped flowers bloom in late spring. They are pink with purplish-black acute tips. 
[上] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年06月11日撮影。
[中1] 同上にて、2003年10月19日撮影。
[中2・下] 同上にて、2013年05月25日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp