フィサリス・ウォルテリ [Index] [Back]

Physalis walteri

Physalis walteri

アメリカの南東部および熱帯アメリカに分布しています。海岸沿いの砂丘や荒れた砂地などに生え、高さは40〜60センチになります。深く伸びる地下茎があります。茎や葉は、疎らなから密集した、分枝した毛状突起があります。葉は広楕円形もしくは卵形から卵状披針形です。花は淡い黄色で、濃褐色から淡褐色、黄土色または緑色の咽部があり、5月から9月ごろ咲きます。果実はオレンジ色の液果です。 
ナス科ホオズキ属の多年草で、学名は Physalis walteri。
英名は Walter's groundcherry。 
Walter's groundcherry (Physalis walteri) belongs to the Solanaceae (the Nightshade family). It is a perennial herb that is native to the southeastern United States and Tropical America. This herb grows on coastal dunes and disturbed sandy soils, and can reach about 40-60 cm in height. It has a deep underderground rhizome. The stems and leaves have sparse to dense branched trichomes. The leaves are broadly elliptical or egg-shaped to ovoid-lanceolate. The flowers are pale yellow with dark to pale brown, ocher or green throats, and bloom from May to September. The fruits are orange colored berries. 
アメリカ・フロリダ州「フェアチャイルド熱帯植物園」にて、
2010年05月01日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp