ピックルきゅうり (ピックル胡瓜) [Index] [Back]

Cucumis sativus

Cucumis sativus

16世紀にヨーロッパで作出された「きゅうり」の系統です。果実は短い楕円形で、低い黒いぼがあります。広くピクルス(酢漬け)に利用されています。わが国では、「酒田」や「庄内早生」、「最上」などの品種が栽培されています。
ウリ科キュウリ属の一年草で、学名は Cucumis sativus。
英名は Pickling cucumber。
Pickling cucumber belongs to Cucurbitaceae (Gourd family). It is a breed that was raised by Europeans in 16th century. The fruit is short elliptic with low black warts. This breed is used widely for pickles.
大阪府河内長野市「花の文化園」にて、2007年06月29日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp